マンションに投資する|長期的に保有できる不動産投資信託の魅力!
つみき

長期的に保有できる不動産投資信託の魅力!

マンションに投資する

マンション

不動産投資のポイント

マンション経営とは、所有しているマンションを第三者に賃貸することによって、賃貸収入を得ることを言います。通常は投資目的に行われますので、あらかじめ投資利回りを検討したうえで物件を購入することになります。ただ、転勤などで一時的に留守にするため、一定期間の間だけ賃貸することもあります。これもマンション経営と言えますが、暫定的な賃貸ですから長期的な収支計画のもとに行われる不動産投資とは意味が異なります。投資目的で行われる場合には、マンションの購入費用と維持管理費及び将来的に得られる収益を比較検討して、長期的な資金計画を立てたうえで実施します。十分な投資利回りが確保できる物件でなければ、投資する意味がありません。

資金計画の重要性

マンション経営で重要なポイントは、資金計画の作成です。どんなに家賃収入が高い物件を選んだとしても、最終的な投資利回りが確保されなければ意味がありません。維持管理費や空室時のリスク対策、入居者募集のための費用、設備の更新投資など、マンション経営に必要となる経費を綿密に見積もることで、収支計画を作成することができます。マンション経営は他の投資に比べると収益の安定性が高い事業になりますが、それでも空室が生じた場合のリスク対策は十分に取っておかなければ安心できません。資金的な余裕があってこそ、安定したマンション経営を行うことができるので、ローンによる資金調達だけでなく自己資本の確保も重要なポイントです。