メンズ

長期的に保有できる不動産投資信託の魅力!

マンションに投資する

マンション

マンションを購入して賃貸経営を行うマンション経営は、しっかりとした資金計画を作成することが大切になります。維持管理費や空室対策等様々な経費が必要になってくることから、将来的な収支を綿密に立てることが重要になります。

詳細

大家になりたい

男性

大家業未経験者が賃貸マンション経営を始める場合は、不動産業者の一括借り上げサービスを利用するようにした方がよいです。サービス利用料がかかるのは事実ですが、煩わしい管理業務を全て業者に任せてしまうことができるので、面倒な思いをせずに済みます。

詳細

長期保有でカバーできます

建物のイラスト

高い利回りが魅力です

ここ数ヶ月で、上場不動産投資信託の魅力が増してきました。少し前まではマイナス金利政策が始まったことを受けて、投資口価格が急上昇し、平均分配金利回りが3%前半にまで落ちていました。しかし、少し過熱気味だった投資口価格は落ち着きを取り戻し、今では、平均分配金利回りが4%前後となってきます。これだけの利回りを確保できる投資商品はなかなかありません。投資家の中には、今後、不動産市況が悪化すると予想し、上場不動産投資信託への投資を手控えている人もいます。しかし、長期投資をするのであれば、上場不動産投資信託は定期的に買っていくことをお勧めします。なぜならば、仮に投資口価格が下がったとしても、高い利回りが、その損失分をカバーしてくれるからです。

平均化できます

上場不動産投資信託を長く持っていればいるほど、損失をカバーできる部分も大きくなります。例えば、分配金利回りが4%の時に上場不動産投資信託を買えば、5年で20%、10年で40%の利益を確保できます。これだけの利益があれば、投資口価格の大幅な下落にも耐えられるようになります。また、時期をずらして投資をすることで、投資口価格が下がり続けている時には、平均取得価額を下げることができます。そして、一方で、分配金利回りを上がることになります。不動産市場が過熱気味になり、投資口価格が異常な上昇を見せた際には、一部を売るという選択肢も考えておきましょう。これでインカムゲインもキャピタルゲインも狙えるようになります。

一口百万円の不動産投資

男性

資産を増やすには不動産投資が適していますが、マンション経営はリスクがあります。「みんなで大家さん」はマンション経営の出資者を募ってプロが運営するので安全な投資法です。一口100万円からなので気軽に出資できますし、分散投資すればリスクを減らせます。年に6回の配当があり、利回りも良いのでお得です。

詳細